Chatbot

AIアシスタント・チャットボット

Chatbot

トップ>Chatbot

About

About

チャットボットによる「おもてなし」でビジネスを前進

チャットボット・対話AIを用いてHPやLINE/SNS、貴社アプリ利用者に新しいおもてなし体験を提供。
売上改善やCVの向上、業務効率改善などに寄与することができます。
選択型シナリオ、フリーテキスト対話をいずれもサポートしており、対話の作成は当社作成・貴社作成いずれの場合も対応いたします。
全AI対応・AI・人対応、全て人対応の対応パターンがあり、ビジネスや提供し体験によって選択できます。

Feature

シナリオ会話・一問一答・AI会話など<br />
あらゆる会話形式に対応

シナリオ会話・一問一答・AI会話など
あらゆる会話形式に対応

シナリオ会話・一問一答・AI会話など<br />
あらゆる会話形式に対応シナリオ会話・一問一答・AI会話など<br />
あらゆる会話形式に対応

多様なインターフェースに対応
(LINE・SNS・Webサイト・アプリ)

Slack/LINEなどと連携が可能

Slack/LINEなどと連携が可能

シナリオは当社制作・貴社制作<br />
どちらでも可

シナリオは当社制作・貴社制作
どちらでも可

貴社作成の場合はノーコードで<br />
シナリオ作成が可能な管理画面を提供

貴社作成の場合はノーコードで
シナリオ作成が可能な管理画面を提供

ユーザーデータの<br />
蓄積・分析などが可能

ユーザーデータの
蓄積・分析などが可能

Case Study

1

サービス登録ページへの送客、CVR向上・売上アップ

導入前の課題

  • 自社HPに顧客流入が一定あるが、離脱ユーザーをなんとか顧客化したい。
  • ECサイトを始めたものの、商品のページにお客様が辿り着かない。
  • サイトの動線設計がうまくいかない、どうすれば良いかわからない。
  • サイトに辿り着いてはもらえるが、その後登録までしてもらえない。

導入効果

  • 離脱ユーザー向けにLINE友達登録の動線を設計、対話コンテンツで再来訪を促進し、商品購入を実現。
  • 対話形式でお客様ごとにパーソナライズしたサービスを案内。購入・申込ページへの遷移率60%達成。
  • 商品ページに到達する前にお客様のニーズや課題把握が可能に。結果CVR30%を達成。

2

社内問い合わせの一次対応を対話AI化。従業員がコア業務に集中できる環境を構築。

導入前の課題

問い合わせる側
  • 情報を手に入れるのに時間がかかり非効率
  • どこに情報があるかわからない
  • 誰に聞いたらいいかわからない
  • 最新情報がどれかわからない
問い合わせに対応する側
  • 問い合わせ対応業務により、他の重要な業務に着手できない
  • 周知したり、社内FAQを作成してもなかなかうまく浸透しない
  • 同じ問い合わせが1日に何度もくる

導入効果

  • 社内マニュアルを一元データ管理し、構造的に整理を実施。
  • チャットボットによる一次対応で問い合わせる側・問合せに対応する側の業務負荷を実現。
  • フリーテキスト対応により、完全一致していなくても候補となるマニュアルを見つけられるようになり、業務が効率化できた。
  • 簡易な更新作業でオペレーションを簡略化を実現。

3

採用業務に対話AIを導入。応募までの工数削減、応募者エンゲージメントの向上

導入前の課題

  • 候補者が自社ページに来てくれるものの応募には結びつかない。
  • スカウトを送るものの、なかなか返信がこない。
  • 会社説明資料をHPに添付したり、スカウトメールに添付しているものの面談時に概要をあまり理解してもらえていないと感じる。
  • 興味を持ってもらってもカジュアル面談や面接スケジュールの調整などに時間がかかり、他社の選考が進んでしまう。

導入効果

  • 対話AIを活用し、HP上、LINEなどで会社紹介対話を展開。候補者の興味関心・エンゲージメントが高まり応募者数の増加につながった。
  • 興味を持ってもらった場合にはそのままカジュアル面談・面接予約を行うことで面談設定の工数が短縮できた。
  • 会社や採用活動に関する質問などを対話AIで一括対応することで、人事や面接の時に同じ質問に何度も答える必要がなくなった。

Document

Capexの事業をまとめた資料は、
こちらからご請求ください。

資料請求はこちら