Virtual Human

バーチャルヒューマン制作

Virtual Human

トップ>Virtual Human

About

About

バーチャルヒューマンで
新しい顧客体験を

バーチャルヒューマンとは3DCGで作られた人物のことを指します。
人に変わる、新たな情報発信の在り方を形作ってくれる大きな可能性を持った技術です。
最近では、インフルエンサー活動や企業のTVCM、雑誌・ポスターなどへの出演を中心として活躍の幅が広がっています。

Feature

1

フォトリアル・バーチャルヒューマン

フォトリアルなバーチャルヒューマンは、静止画では人と見間違えるような高品質な3DCGです。
時間的・物理的制約にとらわれない映像の制作が可能です。例えば、巨大化したり、高いところから飛び降りたり、ゲームやVR空間に登場したり、瞬間的に着替えたりすることができます。
また、「亡くなられた方(歴史上の人物やご家族)」や「存命の方の若い頃の姿や歳をとった姿」を制作することもできます。
加えて、バーチャルヒューマンと対話AIとを組み合わせることで、バーチャルヒューマンがファンやユーザーとインタラクティブなコミュニケーションをとることできます。

フォトリアル・バーチャルヒューマンの例

フォトリアル・バーチャルヒューマンの例

2

デフォルメ・バーチャルヒューマン

デフォルメ化されたバーチャルヒューマンは、エンドユーザーの趣味嗜好などに合わせて頭身を下げたり、タッチをアニメ調にしたりできます。
デフォルメ化されているため、より親しみやすい表現(動きや表情)ができます。
また、当社対話AIと組み合わせることにより、ユーザー・お客様とキャラクターとがインタラクティブに会話することもできます。

デフォルメ・バーチャルヒューマンの例

デフォルメ・バーチャルヒューマンの例

Case Study

1

顧客とのオンラインコミュニケーション体験に人間味を

導入前の課題

  • より先進的な技術も使って人間味のある顧客対応に近づけていきたい。顧客接点にバーチャルヒューマンを使って店舗やWEB上での接客におけるおもてなしの品質を向上させたい。

導入効果

  • バーチャルヒューマンの導入により、人間味のあるコミュニケーションを実現。ブランドを維持しながら顧客満足度を向上。コンバージョンやエンゲージメントへの貢献も期待できます。

2

TVCMキャンペーンに起用したタレントのバーチャルヒューマン化

導入前の課題

  • 顧客とのコンタクトポイントやファネル(認知形成・比較検討・獲得・ロイヤルカスタマー化)において統一感を持ったブランディング・コミュニケーションをしたい。
  • タレントをTVCMやデジタル広告以外のコンタクトポイントで活用することで、タレントパワーを最大化したい。

導入効果

  • TVCMキャンペーンに起用したタレントのバーチャルヒューマン化(フォトリアル・デフォルメ)を実施、商品説明やお問い合わせ対応をバーチャルヒューマンが受け付けるとともに、サービス内のカスタマーサポートではデフォルメキャラクターが対応や案内を行う。
  • LINEやSNS、WEBサイトでタレントアイコンのチャットボットを展開、顧客が気軽に商品について理解を深められる場を提供することができた。
  • 統一感を持ったブランディング・コミュニケーション、及び、より親密感のあるマーケティングを実現。

Document

Capexの事業をまとめた資料は、
こちらからご請求ください。

資料請求はこちら